男性看護師の悩みと努力

男女平等が叫ばれ、仕事でも男女の差別をなくそうと、男女雇用均等法が施行されました。
これまで男性ばかりだった職場に女性が、反対に女性ばかりだった職場に男性が混じるようになりました。
この、男女雇用均等法で名称が変更された職業があります。
もともと女性仕事と考えられていた看護婦や保健婦、助産婦、スチュワーデスなどは、職業の名称が女性形であるということから、看護師、保健士、助産士、旅客機客室乗務員と、男性が混じっていてもおかしくない名称に変更になりました。
これに伴って近年は男性看護師もだんだん増えてきています。
しかし、まだまだ女性9割に対し男性1割ほどでしかありません。
男性は女性のように出産や育児などという人生のイベントがない分、職場が自分に合っていれば離職をする必要はありません。
そのため、安心して仕事を任せられるという理由から、看護師長などの役職につけてもらえることも多いらしいです。
また、力仕事や肉体的につらい仕事でも任せられるというメリットもあります。
しかし、男性であるが故の悩みもあります。
まずは看護師になる前。
看護師になるためには現場での実習が必須です。
いろんな診療科で実習をつまなければならないのですが、問題は産婦人科。
実習生が付く際には事前に患者の同意が必要なのですが、産婦人科の実習は女性のデリケートな部分だけに、患者さんが同意してくれないことが多いのです。
それでなかなか実習を終えることができないということもあります。
また、職員になってからも悩みはあります。
まずは職場環境。
殆どが女性ばかりの職場で、男性看護師は肩身がせまい場合も多いです。
また、給料面に関しても、女性の職種の中ではトップクラスの看護師の年収ですが、男性の職種から見ると決して高いとはいえません。
結婚して家族ができると養っていくのが大変になることもあります。
ですから、男性が看護師になる場合は、認定看護師や専門看護師の資格を取るなどのキャリアアップを考えておくことも大切です。
また、看護師に女性が多い理由の一つに、コミュニケーション能力があります。
看護師は医師や看護師同士、さらには患者さんとコミュニケーションを密にとる能力が求められます。
また、患者さんの表情や仕草などから言葉にできない状態を読み取る能力も必要です。
女性はもともと母性というものがあり、相手の心を読む能力に長けてきました。
ですが、男性にはそういうのはちょっと苦手という人もいます。
ですから、女性以上にこういった能力を発揮できるように工夫する必要があったりします。
男性看護師は日々こうした悩みや努力を積み重ねながら仕事しているのです。

参照URL:http://www.kangoshishikaku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>